口コミを
投稿する
Face large 1542364824
神崎 晶 先生

慢性中耳炎の名医
慶應義塾大学病院
耳鼻咽喉科専任講師
専門
耳科学、神経耳科学、聴覚医学、アレルギー科学
掲載開始日:2016年04月12日
最終更新日:2018年12月12日

臨床実績


年間鼓室形成術件数
***

専門医資格
***

学会職位
***

学術活動


論文・学会発表数
*** 件

最終論文・学会発表年
*** 年

学術機関
***

出身大学
***

略歴
***

受診しやすさ


手術までの待機期間
***

医師指定受診
***

外来待ち時間
1時間以内

※医療機関の関係者の方へ

株式会社クリンタルでは「患者様へのメッセージ」なども追加することができますので、ぜひこちらのフォームよりご入力をお願い致します。(修正や掲載は全て無料です)

神崎 晶先生のインタビュー

公開日:2018年12月07日
Header 1543548519
耳鼻咽喉科の新しい治療を広めたい。ガイドライン作成医に聞く耳鳴り、難聴領域の治療

神崎先生が耳鼻咽喉科の医師を志したきっかけについて教えてください

私の家は祖父の代から耳鼻咽喉科医でしたので、自然とこの道を志してきたように思います。

貴院での慢性中耳炎の治療について、貴院の強みや研究について教えていただけますか?

音は空気の振動として伝わるのですが、私たちが音を知覚する時にはこの振動が鼓膜にあたり、耳小骨と言われる3つの小さな骨を介して脳に伝わります。慢性中耳炎では、その鼓膜に穴が空き、さらに炎症によって耳小骨が硬くなるため振動が伝わりにくく、そのため手術ではダメージを受けた炎症部分を取り除き、耳小骨を直してから穴の空いた鼓膜を塞ぐ治療を行います。

炎症で耳小骨がどの程度硬くなっているかによって、耳小骨を温存したり、人工骨と交換したりと治療方針が変わってきます。そのため、手術の際には針のような機器で耳小骨がどの程度、硬くなっているのかを調べているのですが、この硬さを客観的に評価することが難しく、もし今後正確に評価することが可能となれば、硬さの度合いによって術式をより適切な方法に調整し、手術後の聴力がどの程度改善されるかを予想できるようになるかもしれません。

現在、我々はこの骨の硬さを調べる医療機器を他の大学の先生と共同で開発しています。医療機器が実用化すれば、慢性中耳炎や耳硬化症の新しい手術方法が可能になると考えています。また、以前は鼓膜の奥の手術を行うには耳の後ろの骨を削って顕微鏡で覗き込む必要がありましたが、最近では患者さんによって耳科手術用の内視鏡を使い、極力小さな傷で手術ができるようになりました。

慢性中耳炎の手術や耳硬化症の手術では耳小骨を人工の骨に交換する手術も行うのですが、当院ではより安全性の高い人工骨を開発し、手術も簡便に行えるようになりました。この人工骨を当院で開発できたことも強みと言えますね。

Content 2 1543550845

貴院で手術を受ける適応や入院期間について教えてください

当院では、手術の適応について年齢で区切るということはしておりません。患者さんの状態や検査結果などによって手術の適応を判断し行なっています。現在は人生100年と言われてますので、もし80歳で治療が必要となった場合でも、その後20年の生活があります。その20年を耳が気になり不便な思いをしたまま生活するのは辛いですから、年齢で限らない治療を検討しています。

当院では慢性中耳炎の手術は3泊4日の入院で行なっています。遠方の方は、抜糸を考慮して7泊8日の入院で行う場合もあります。手術の時期についても、ご紹介時に既に手術を受ける意思がある方は、早い方だと初診で手術日を決め、CT検査、聴力検査、術前検査まで済ましてしまう方もいらっしゃいます。

退院後は手術後1〜2週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と経過を確認していきます。患者さんから飛行機やスイミングはいつから可能かとよく尋ねられますが、飛行機は1ヶ月、スイミングは2ヶ月少々避けてもらうことが多いです。もちろん患者さんの状態にもよりますけれども。

貴院では突発性難聴についても研究されていると伺いましたが、近年の研究について教えていただけますでしょうか

突発性難聴は50歳代をピークに発症しますが、中には20歳代など若くして発症される方もいらっしゃいます。原因がわかっていない部分も多い病気ですが、最近の研究では血液検査で測るフィブリノーゲン(※血液を凝固させる成分)という値と関係がありそうだとわかってきました。フィブリノーゲンの値は感染症でも上がりますので、もしかしたら背景に感染症があるのかもしれません。

治療による聴力の回復についても突発性難聴の方の3分の1がもとの状態まで回復し、3分の1が少し改善し、残り3分の1は改善しにくいと言われています。残念ながらどのような要素が聴力の回復に影響するのかはまだわかっていませんが、今後フィブリノーゲンの値の変動を見ることで、聴力がどの程度回復するかが予測できるかもしれません。

この他、環境的な要因として若い頃から大きな音を聞いていると突発性難聴になりやすいと考えられています。現時点で、どの程度の音量をどの程度の期間聞き続けると影響があるかはまだわかっていませんが、日頃、大音量で音楽を聴かれるなど心あたりある方は、耳の健康を考えて少し見直されてもよいかもしれませんね。

耳鳴りのご相談も多いと伺いましたが、耳鳴りの治療についてはどのようなことを行うのでしょうか

耳鳴りについても原因はわかっていないことが多いです。耳鳴りの患者さんの中には検査をしてみると、実はご本人も自覚されていないような難聴が隠れていることが多くあります。難聴がある方の場合、外の音がよく聞こえないため、結果として身体の中にある音が響いて耳鳴りとなってしまいます。このような身体の中の音などを聞こえなくすることは難しいので、音響療法といって、ある音を気にしないようにしましょうという治療法を行います。

この音響療法では音を気にしないためのカウンセリングと補聴器のような機器を使用して行います。音響療法は世界的には一般的なのですが、日本ではまだ認知が広がっておらず、患者さんからは「耳鳴りを治すお薬はないのでしょうか」とよく尋ねられます。患者さんによっては耳鳴りの治療で補聴器と驚かれてしまう場合もあるのですが、実は有効であるということを知っていただきたいですね。

2019年5月には日本聴覚医学会で3年かけて作成してきた耳鳴診療ガイドラインが発行される予定です。ガイドラインができることで、今後、耳鳴の適切な診療が全国的に広まることを期待しています。

Content 5 1543550845

貴院の耳鼻咽喉科では他にはどのような研究をされているのでしょうか

近年、認知症と難聴との関連について研究が深まっています。会話が聞こえるというのは脳にも刺激を与えますし、アメリカでは記憶がよくなるとも言われております。

実は認知症の患者さんの中には、難聴があり、治療せず放置したことで認知症になってしまったと言う方もいらっしゃいます。また、難聴があることで気分が塞ぎ込んでしまい、うつになってしまうことでも認知症のリスクは高まります。

世界的に権威のあるランセットという雑誌で最近、認知症の患者さんの3分の1は予防可能であるという論文が発表されましたが、この予防可能な3分の1の患者さんの中に、難聴を適切に治療せずに認知症になってしまった患者さんが含まれます。

よく「年をとったせいか耳が悪くなったみたい」とおっしゃられる方もいらっしゃいますが、難聴をそのままにしてしまうと認知症やうつに繋がる可能性があるので、耳が遠くなるのを年齢による変化と諦める前に、まずは聴力検査などを受け、補聴器などで改善可能かご相談されることをおすすめします。補聴器によって将来、認知症やうつになることを防げるかもしれないと思ったら、その後の生活も変わるかと思います。またご家族や周囲にいる方で耳が遠くなってきたなと気づくことがあれば、受診をすすめてあげていただきたいと思います。

最後に患者さんへメッセージをお願いします

日頃の診療では、きちんと治療についてご説明するように心がけています。先ほどもお伝えしたように難聴や耳鳴りの治療にはお薬ではなく補聴器のような機器が必要になることもあります。特に耳鳴りでは補聴器をお勧めするが多いのですが、直ぐには受け入れられない方がいらっしゃることも事実です。

補聴器と言うと抵抗感があるかもしれませんが、聞こえが良くなったり、耳鳴りが気にならない生活を想像してみてください。耳に小さな機械を付けるというちょっとしたことでも一歩踏み出してみたら、その後の生活が変わるかもしれませんよね。

是非この機会に、お薬の内服以外にも様々な治療の選択があることを知っていただき、一緒に治していきたいと思います。

Content 7 1543550845

編集後記

雨の降る夕刻にインタビューに伺わせていただきましたが、秘書様方が明るく出迎えてくださりました。神崎先生は最先端の研究にも造詣が深く、耳鼻咽喉科領域の将来を構築してくださる先生だと感じました。そのような権威ある先生ですが、インタビューの際には終始穏やかで、質問にも快くお答えしてくださりました。診療では「はっきりおっしゃることもあるんですね」と患者さんから仰られることもあるそうですが、患者さんに率直にお話をされる背景には早くよくなっていただきたいというお気持ちがあるからだと先生のお人柄から伝わってきました。難聴や耳鳴りといった症状でお悩みの方が安心して受診していただけると幸いです。

慶應義塾大学病院の写真

Hospital 1 1542803918
まだ口コミがありません。匿名での投稿が可能ですので、ご協力よろしくお願いします。

勤務先医療機関

住所:東京都新宿区信濃町35
電話番号:03-3353-1211
※掲載情報は独自の調査・分析により収集しており、最新かつ正確な情報になるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。
掲載されている医師は全て有数の名医であることと、各スコアはあくまでも医師詳細データをわかりやすくするための目安であり、1-5に明らかな優劣があるわけではないことをご理解ください。
実際に受診を検討される場合には、直接医療機関にもお電話で問い合わせいただくことを推奨いたします。