チャットで
相談する

口コミを
投稿する
男性名医
柴田 利彦 先生

心臓弁膜症(低侵襲手術)の名医
大阪市立大学医学部附属病院
心臓血管外科部長、教授
専門
心臓・血管外科治療全般、弁膜症外科治療
掲載開始日:2016年09月26日
最終更新日:2021年06月17日

臨床実績


年間低侵襲弁膜症手術数
***

専門医資格
***

学会職位
***

学術活動


論文・学会発表数
*** 件
※件数は英語論文を含まない場合がございます

最終論文・学会発表年
*** 年

学術機関
***

出身大学
***

略歴
***

受診しやすさ


手術までの待機期間
***

医師指定受診
***

外来待ち時間
-時間程度

※医療機関の関係者の方へ

クリンタルでは「患者様へのメッセージ」なども追加することができますので、ぜひこちらのフォームよりご入力をお願い致します。(修正や掲載は全て無料です)

※掲載情報は独自の調査・分析により収集しており、最新かつ正確な情報になるように心がけておりますが、内容を保証するものではありません。
※実際に受診を検討される場合には、直接医療機関にもお電話で問い合わせいただくことを推奨いたします。

柴田 利彦先生の口コミ

オススメ度
5.0
医師の対応
受付・看護師の対応
施設の清潔度
予約方法
外来の待ち時間
手術までの待機時間
予約から初診までの期間 平均 - 週間
外来での待ち時間 平均 -
手術までの待機時間 平均10.0週間
Sozai sex 1
30代 男性 回答日:2017/10/17
良い点

心臓手術であれば、通常は胸を縦に大きく切らないとできないが、柴田先生の場合、乳房の下を8cmくらい切る低侵襲手術が可能であり、特に美容面を気にする方はおすすめです。関西でこの低侵襲手術を行っている施設は数えるくらいしかないので、傷を小さくしたい方はぜひ柴田先生の外来を受診してください。

良い点

柴田先生は僧帽弁形成手術のスペシャリストです。人工弁を入れなくて済むのでメリットが多く、また先生も優しいのでなんでも相談しやすいです。

良い点

外来受付では、皆さん忙しくしていますが、入院時の説明や医師には言いにくい質問に対しても親切に答えてくれます。

不満点

手術予定が埋まっており緊急性のない手術であれば4か月待ちくらいになります。また、外来は週1日なので、その日に合わす必要があります。

※投稿時点での口コミであり、病院は異動されている場合があります

勤務先医療機関

住所:大阪府大阪市阿倍野区旭町1丁目5-7
電話番号:0666452121