チャットで
相談する

口コミを
投稿する
クリンタルTOP有数の専門医検索TOP皮膚科光線過敏症の名医一覧

皮膚科/光線過敏症 の名医

0 件
検索条件を開く+
フリーワード
掲載されている医師は全て有数の名医であることと、各スコアはあくまでも医師詳細データをわかりやすくするための目安であり、1-5に明らかな優劣があるわけではないことをご理解ください。

光線過敏症とは

光線過敏症は太陽光にさらされた皮膚に赤みや炎症、かゆみを伴う小さな発疹ができる皮膚疾患です。太陽光によって引き起こされる免疫反応で、日光アレルギーとも呼ばれます。原因は遺伝性、代謝異常など様々ですが、中でも頻度の高いのが薬剤とされています。光線過敏症の治療は、症状が出ている箇所に日光が当たるのを約1週間は避けるようにし、その後ステロイド外用薬の塗布を行います。症状がなくなってからも衣服などで紫外線から皮膚を守る必要があるなど、継続的なケアが必要となりますので、専門性の高い皮膚科の名医に診てもらいましょう。

皮膚科とは

皮膚科の医師は、アトピー性皮膚炎、じんましん、水虫などの感染症、メラノーマ/皮膚がん、脱毛症などを診ます。薬物療法や体の表面の小手術、レーザー治療などを行います。皮膚科を主な診療科とする医師は全国で約7,700名、日本皮膚科学会が認定する皮膚科専門医は約6,100名です。皮膚科は、血液検査や画像診断ではなく、皮膚科医の目で見て診断をつける疾患が多いことや、内服薬と外用薬を組み合わせた治療など、医師の経験と知識が重要になる診療科です。クリンタルは、皮膚科の専門医から名医を厳選して掲載しています。