チャットで
相談する

口コミを
投稿する
クリンタルTOP有数の専門医検索TOP心臓血管外科下肢静脈瘤レーザー手術の名医一覧

心臓血管外科/下肢静脈瘤レーザー手術 の名医

0 件
検索条件を開く+
フリーワード
掲載されている医師は全て有数の名医であることと、各スコアはあくまでも医師詳細データをわかりやすくするための目安であり、1-5に明らかな優劣があるわけではないことをご理解ください。

下肢静脈瘤レーザー手術とは

下肢静脈瘤とは、静脈にある血液の逆流防止用の弁のはたらきが悪くなり血液の逆流が起こったり、太い静脈が詰まったりすることで皮膚に近い部分の静脈が太く長く膨らんでくる状態を指します。特に高齢の方や女性に多く見られ、軽度のものではだるさ、痛み、むくみなどの症状が現れます。レーザー治療は局所麻酔下にレーザーファイバーを静脈内に挿入し、血管内で熱を発生させて血管を閉鎖する治療法で、ストリッピング手術などに比べると低侵襲で効果が期待できます。信頼できる血管外科の名医に診てもらいましょう。

心臓血管外科とは

心臓血管外科の医師は、狭心症、心筋梗塞、弁膜症といった心臓疾患や、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤などの血管の疾患に対して、手術による治療を中心に行います。心臓血管外科を主な診療科とする医師は全国で約2900名、心臓血管外科専門医は約1900名です。心臓血管外科の手術は高度な技術を要するものが多く、また、ステント治療や低侵襲手術など新しい技術も出てきており、医師の技量により結果に差が出やすい分野のひとつです。クリンタルは、心臓血管外科の医師から名医を厳選して掲載しています。