チャットで
相談する

口コミを
投稿する
クリンタルTOP有数の専門医検索TOP精神科/心療内科性同一性障害(薬物療法)の名医一覧

精神科/心療内科/性同一性障害(薬物療法) の名医

0 件
検索条件を開く+
フリーワード
掲載されている医師は全て有数の名医であることと、各スコアはあくまでも医師詳細データをわかりやすくするための目安であり、1-5に明らかな優劣があるわけではないことをご理解ください。

性同一性障害(薬物療法)とは

性同一性障害は、身体の性とこころの性が一致していない現象を指し、薬物療法では出生時が男性の人にはエストロゲン、女性にはテストステロンが投与されます。エストロゲンを投与されると通常すぐに平穏な感覚になり、性的衝動が少なくなり精神的満足を得ます。数か月後には体が丸みを帯び、ある程度乳房が大きくなり睾丸は小さくなります。声質は変わりません。アンドロゲンを投与されると性的衝動が高まり、数か月後には無月経と声変わりが起こります。性同一性障害は患者さん自身が大きな悩みを抱えているため、しっかりと治療が受けられる精神科の名医を受診しましょう。

精神科/心療内科とは

精神科/心療内科は、正確には精神科と心療内科に分かれますが、クリニックなどでは分かれていないことも多いです。精神科では、うつ、パニック障害、認知症など、心療内科では心身症という疾患を診療します。日本精神神経学会が認定する精神科専門医は10,000名程度、日本心療内科学会が認定する心療内科専門医は130名程度です。精神科/心療内科はこころと体の症状療法を扱うため、患者さんと信頼を築くことができる知識・経験・人格が必要です。クリンタルでは、精神科/心療内科の専門医から名医を厳選して掲載しています。