チャットで
相談する

口コミを
投稿する
クリンタルTOP有数の専門医検索TOP小児科ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医一覧

小児科/ADHD(注意欠陥/多動性障害) の名医

全20件
検索条件を開く+
フリーワード
入力場所から
4km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
愛育クリニック
小児精神保健科部長
専門
小児の神経心理学、認知行動療法、母子関係の改善プログラム

363 view 口コミ 0
入力場所から
4km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
愛育クリニック
小児精神保健科医長
専門
小児精神保健

413 view 口コミ 0
入力場所から
4km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
愛育クリニック
愛育相談所所長
専門
小児精神保健

277 view 口コミ 0
入力場所から
7km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
専門
高機能自閉症、アスペルガー障害、注意欠陥/多動性障害、全身性チック、トゥレット症候群など

360 view 口コミ 0
入力場所から
8km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
専門
一般小児科、神経小児科、発達障害

238 view 口コミ 0
入力場所から
16km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
国立成育医療研究センター病院
こころの診療部部長・副院長
専門
発達障害、ディスレクシア

528 view 口コミ 0
入力場所から
18km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
国立国際医療研究センター国府台病院
児童精神科医師、精神科副部門長
専門
児童思春期精神医学、ADHDの神経心理、認知行動療法

308 view 口コミ 0
入力場所から
31km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
専門
発達障害、精神運動発達遅滞、てんかん

246 view 口コミ 0
入力場所から
49km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
専門
小児思春期の精神科医療

255 view 口コミ 0
入力場所から
52km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
筑波総合クリニック
小児科非常勤医師
専門
心理疾患主として発達障害、心身症

259 view 口コミ 0
入力場所から
163km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
星総合病院
精神科部長
専門
乳幼児、児童精神医学

389 view 口コミ 0
入力場所から
318km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
名古屋大学医学部附属病院
親と子どもの心療科准教授
専門
発達障害、チック(トゥレット症候群)、子どもの精神疾患一般

298 view 口コミ 0
入力場所から
391km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
専門
小児科学一般、小児の発達障害・小児神経・心身障害時の医療(特に注意欠陥多動性障害・広汎性発達障害・LDなど)、小児アレルギー

271 view 口コミ 0
入力場所から
461km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
ハートランドしぎさん
子どもと大人の発達センター長
専門
発達障害への心理社会的治療の開発と実践

333 view 口コミ 0
入力場所から
427km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
弘前大学医学部附属病院
神経科精神科診療科長・教授
専門
児童青年精神医学、大人の発達障害

332 view 口コミ 0
入力場所から
658km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
専門
発達障害、家族精神医学、地域連携

263 view 口コミ 0
入力場所から
659km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
専門
児童青年期精神医学、発達障害、心身症

191 view 口コミ 0
入力場所から
659km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
北海道大学病院
児童思春期精神医学講座 特任教授
専門
児童思春期精神医学

263 view 口コミ 0

林 隆

先生
入力場所から
952km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
西川医院
発達診療部 診療部長
専門
発達障害(広汎性発達障害・自閉症・アスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥多動性障害、知的障害)・てんかん・脳性麻痺・小児神経疾患

247 view 口コミ 0
入力場所から
1045km

ADHD(注意欠陥/多動性障害)の名医
久留米大学病院
小児科主任教授
専門
発達障害

286 view 口コミ 0

ADHD(注意欠陥/多動性障害)とは

ADHD(注意欠陥/多動性障害)は集中力の低下や落ち着きのなさ、じっと座っていられないなどの症状を呈する発達障害の一種です。ADHDの原因ははっきりとしたことは分かっていませんが、脳内の神経伝達物質の異常や遺伝的な要因があると言われています。また、その他の要因としては低出生体重や頭部のけが、妊娠時における母体のアルコール摂取、喫煙などの影響も指摘されています。ADHDの具体的な症状はそわそわとして落ち着きがない、不適切なときに話す、衝動的になる、忘れっぽいといったものです。治療法は精神刺激薬による薬物治療や、スケジュールに基づいた生活や支援学級プログラムなどの行動管理を継続するという方法があります。ADHDは不注意型、多動・衝動型、混合型に分かれ、症状も軽度から重度まで幅がありますので、正確な鑑別や適切な治療が必要となります。そのため、安心して治療するためにもADHD(注意欠陥/多動性障害)を専門として豊富な治療経験を有している名医を探して受診しましょう。

小児科とは

小児科の医師は、基本的にこどもの症状・疾患の全てに対応します。風邪、アレルギー、喘息、てんかんなどの内科疾患から、発達障害、先天性疾患といったこども特有の疾患を診療します。薬物治療が中心です。小児科を主な診療科とする医師は全国で約16,000名、日本小児科学会が認定する小児科専門医は約15,000名です。小児科は病気を治療するだけでなく、こどもの精神面も含めた発達・成長への配慮を必要とする専門性の高い診療科です。クリンタルは、小児科の専門医から名医を厳選して掲載しています。