クリンタルTOP治療実績薬物中毒(その他の中毒)

薬物中毒(その他の中毒) 161070

薬物中毒(その他の中毒)とは、水銀や鉛などの有害物質を多量に摂取してしまうことにより、意識障害などの種々の中毒症状を呈する状態の総称になります。鉛中毒では貧血を起こすことがあるなど、中毒の原因となっている物質により特徴的な症状があります。

薬物中毒(その他の中毒)に含まれる病気

・アスピリン中毒
・急性ニコチン中毒
・コカイン中毒
・水銀中毒
・大麻中毒
・鎮痛薬中毒
・鉛中毒
・ヘビ毒
・メチルアルコール中毒

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
合計 16,620 件 3.9日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

薬物中毒(その他の中毒)の名医

病院
東京慈恵会医科大学附属病院
職位
精神神経科診療副部長
専門
病院
国立精神・神経医療研究センター病院
職位
薬物依存研究部部長
専門
依存症
病院
幹メンタルクリニック
職位
院長
専門
アルコール中毒、精神薬理学、不安障害、統合失調症

受診の知恵コラム