クリンタルTOP治療実績詳細不明の損傷等

詳細不明の損傷等 161060

詳細不明の損傷等にはアレルギーなどが含まれます。アナフィラキシーショックはアレルギーの一種で蜂や食物、薬物が原因となることが多く、短時間で激しい症状が現れる命に関わることもある症状です。呼吸困難や吐き気などの症状が急激に現れます。

詳細不明の損傷等に含まれる病気

・詳細不明の損傷
・アナフィラキシー
・アナフィラキシーショック
・アレルギー
・アレルギー性浮腫
・犬咬創
・異物誤飲
・外傷性ショック
・クインケ浮腫

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 手術なし 1,945 件 17.7日
99 その他の手術 8,980 件 5.6日
合計 10,925 件 7.7日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中