クリンタルTOP治療実績熱性けいれん

熱性けいれん 150040

熱性痙攣はは発熱に伴って起きるけいれんのことです。38℃以上の発熱を起こし、意識消失や手足がガクガク震えるなどの症状を発症します。生後6ヶ月頃より起こり得る病気ですが、一般的には後遺症をきたすことは少なく、予後が良いとされています。

熱性けいれんに含まれる病気

・熱性痙攣

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
s0 手術なし 14,024 件 3.9日
s1 手術あり - 件 -日
合計 14,024 件 3.9日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中