クリンタルTOP治療実績妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害

妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 140010

妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害として、低出産体重児やビタミンK欠乏に伴い胃腸管出血をきたす新生児メレナ、血液型不適合などが原因となる新生児溶血性黄疸などがあります。新生児メレナは吐血、下血、血便などの症状が現れ、新生児溶血性黄疸は出生直後から強い黄疸が起こります。

妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害に含まれる病気

・低出産体重児
・未熟児
・巨大児
・出産時合併症
・過期産児
・核黄疸
・過体重児
・死産児
・新生児黄疸
・新生児感染症
・新生児脳出血
・新生児メレナ
・新生児溶血性黄疸
・胎児ジストレス
・胎便吸引症候群
・低出生体重児
・未熟肺

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術 12,297 件 35.5日
99 手術なし 114,706 件 10.1日
合計 127,003 件 12.6日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害の名医

Icon doctors new topic photo 林 和俊先生
病院
高知医療センター
職位
副院長、地域医療センター長
専門
Icon doctors new topic photo 竹内 裕一郎先生
病院
田中病院
職位
副院長、産婦人科部長
専門
産婦人科
Icon doctors new topic photo 松岡 隆先生
病院
昭和大学病院
職位
産婦人科 准教授
専門
胎児超音波診断、胎児心臓形態評価

受診の知恵コラム