クリンタルTOP治療実績再生不良性貧血

再生不良性貧血 130080

再生不良性貧血とは、骨髄中の造血幹細胞が減少し、脂肪細胞に置き換わることで赤血球、白血球、血小板のすべてが減少する疾患です。息切れ、動機、眩暈、出血傾向などが主な自覚症状として挙げられる。日本における年間患者発生数は100万人あたり6人前後とされており、発症年齢のピークは15?19歳と70代です。

再生不良性貧血に含まれる病気

・再生不良性貧血
・骨髄低形成
・赤芽球ろう

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術あり 1,460 件 16.3日
99 手術なし 41 件 12.6日
合計 1,501 件 16.2日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中