クリンタルTOP治療実績多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物

多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 130040

多発性骨髄腫とは、形質細胞と呼ばれる血液細胞ががん化して骨髄腫細胞となることで発症する疾患です。骨破壊や神経圧迫による腰痛、胸背痛、骨髄腫細胞によって正常な血液細胞を作り出す仮定が妨げられることで、貧血による息切れ、倦怠感や白血球減少による易感染性、血小板減少による出血傾向が症状として挙げられます。1年間に人口10万人あたり5人発症すると言われています。

多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物に含まれる病気

・多発性骨髄腫
・原発性マクログロブリン血症

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術 4,367 件 28.7日
99 手術なし 8,870 件 20.2日
合計 13,237 件 23.0日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物の名医

Icon doctors new topic photo 木崎 昌弘先生
病院
埼玉医科大学総合医療センター
職位
血液内科教授・診療部長・研究主任・教育副主任
専門
白血病、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫
Icon doctors new topic photo 鈴木 一史先生
病院
東京慈恵会医科大学附属柏病院
職位
腫瘍・血液内科助教
専門
血液一般、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、自家移植
Icon doctors new topic photo 伊豆津 宏二先生
病院
国立がん研究センター中央病院
職位
血液腫瘍科長
専門

受診の知恵コラム