クリンタルTOP治療実績褥瘡潰瘍

褥瘡潰瘍 080250

褥瘡潰瘍とは、別名床ずれとも言われ、持続的に組織が圧迫されて組織の血流が減少・消失し、低酸素状態になってその部分が壊死に陥った状態を指します。症状については、はじめは圧迫を受けた部位が赤くなり、浅い褥瘡では軽度のびらんが見られる程度ですが、深い褥瘡では創面が徐々に黒ずんで、組織が壊死します。

褥瘡潰瘍に含まれる病気

・褥瘡

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術 474 件 49.4日
99 手術なし 77 件 27.4日
合計 551 件 46.3日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

褥瘡潰瘍の名医

Icon doctors new topic photo 黒川 正人先生
病院
熊本赤十字病院
職位
形成外科部長
専門
形成外科全般、潰瘍、褥瘡 、顔面外傷、漏斗胸
Icon doctors new topic photo 赤松 順先生
病院
近森病院
職位
形成外科部長
専門
頭蓋、顎、顔面領域の形成外科、四肢の形成再建外科、創傷治療及び皮膚外科
Icon doctors new topic photo 久徳 茂雄先生
病院
市立奈良病院
職位
形成外科(再建形成外科)部長
専門
頭蓋顎顔面外科

受診の知恵コラム