クリンタルTOP治療実績薬疹、中毒疹

薬疹、中毒疹 080100

薬疹や中毒疹には、固定薬疹やステロイド皮膚炎などの疾患があり、原因でもある薬剤の投与により引き起こされた皮膚や粘膜の発疹を言います。疑われる薬剤をすみやかに中止し、ステロイド薬の投与などといった薬物療法を行います。

薬疹、中毒疹に含まれる病気

・固定薬疹
・ステロイド皮膚炎
・アレルギー性皮膚炎

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
合計 1,557 件 11.5日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

薬疹、中毒疹の名医

Icon doctors new topic photo 加藤 則人先生
病院
京都府立医科大学附属病院
職位
皮膚科部長・教授
専門
アレルギー性皮膚疾患、乾癬、皮膚科専門医、アレルギー学会専門医
Icon doctors new topic photo 秀 道広先生
病院
広島大学病院
職位
病院長補佐・皮膚科長・教授
専門
皮膚科疾患全般、特に蕁麻疹、アトピー性皮膚炎
Icon doctors new topic photo 矢上 晶子先生
病院
藤田医科大学 ばんたね病院
職位
総合アレルギー科教授
専門
皮膚科一般、皮膚アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ラテックスアレルギー、接触皮膚炎)、免疫学

受診の知恵コラム