クリンタルTOP治療実績脊椎変形

脊椎変形 070180

脊椎変形には脊柱側弯症が含まれます。脊柱側弯症は背骨が横方向に湾曲している状態を指し、進行すると腰痛や背部痛、肺活量の低下などの症状が起こります。

脊椎変形に含まれる病気

・脊柱側弯症
・先天性脊椎すべり症
・胸椎側弯症
・脊椎異常
・先天性脊椎分離症

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術 4,140 件 22.8日
99 手術なし 1,298 件 4.2日
合計 5,438 件 18.4日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

脊椎変形の名医

Icon doctors new topic photo 加藤 相勲先生
病院
大阪市立総合医療センター
職位
整形外科副部長
専門
脊椎脊髄外科、小児脊椎外科、低侵襲脊椎外科、側弯症
Icon doctors new topic photo 朝妻 孝仁先生
病院
村山医療センター
職位
院長
専門
脊椎・脊髄外科
Icon doctors new topic photo 南 昌平先生
病院
聖隷佐倉市民病院
職位
名誉院長
専門
脊椎・脊髄外科、側弯症

受診の知恵コラム