クリンタルTOP治療実績クローン病等

クローン病等 060180

クローン病等とは、口腔から肛門までの消化管に非連続性の慢性的な炎症を生じる原因不明の疾患を指します。クローン病の症状としては、腹痛や下痢が主ですが、発熱、体重減少、嘔吐、痔瘻などの肛門病変も見られます。10?20歳に多く見られ、中高年での発症はほとんどありません。

クローン病等に含まれる病気

・クローン病

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
01 直腸切除・切断術、小腸・結腸狭窄部拡張術など 1,419 件 17.9日
97 その他の手術 631 件 16.3日
99 手術なし 6,839 件 8.7日
合計 8,889 件 10.7日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

クローン病等の名医

病院
済衆館病院
職位
副院長・IBDセンター長
専門
炎症性腸疾患、下部消化管
病院
東京医科歯科大学医学部附属病院
職位
消化器内科、理事・高等研究院特別栄誉教授
専門
大腸、炎症性腸疾患、下部消化管疾患、大腸内視鏡
Icon doctors new topic photo 加藤 公敏先生
病院
日本大学医学部附属板橋病院
職位
総合科(内科)、医学研究企画・推進室教授・板橋病院臨床研究推進センター長
専門
消化性潰瘍とピロリ菌感染症の診断・治療、炎症性腸疾患の診断・治療、潰瘍性大腸炎の抗菌剤多剤療法(ATM療法・AFM療法)、機能性胃腸症

受診の知恵コラム