クリンタルTOP治療実績閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア

閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 060170

閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニアとは、主に臍や腹部に起こる臍ヘルニア、腹壁ヘルニアのことを指します。症状としてはヘルニアが起こった箇所の腫れや不快感、痛みや吐き気が挙げられます。

閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニアに含まれる病気

・臍ヘルニア
・腹壁ヘルニア
・大腿ヘルニア
・内ヘルニア

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
01 小腸切除術 11 件 11.5日
02 ヘルニア手術 13,976 件 7.8日
97 その他の手術 - 件 -日
99 手術なし 61 件 5.8日
合計 14,048 件 7.8日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニアの名医

Icon doctors new topic photo 脇坂 宗親先生
病院
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
職位
小児外科 部長
専門
小児外科一般診療、特に外鼠径ヘルニア、新生児外科、外傷外科
Icon doctors new topic photo 金田 英秀先生
病院
日本大学医学部附属板橋病院
職位
小児外科 医局長
専門
小児外科一般、小児悪性固形腫瘍、新生児外科
Icon doctors new topic photo 深堀 優先生
病院
久留米大学病院
職位
小児外科准教授
専門
小児外科一般(特に肝胆道疾患、肺疾患、消化管奇形など)

受診の知恵コラム