クリンタルTOP治療実績鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニア 060160

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、腹膜や腸の一部が筋膜の間から皮膚の下に出てくる疾患を指します。先天性もしくは中高年の男性に多く、太ももの付け根の違和感、腫れが代表的な症状として挙げられます。

鼠径ヘルニアに含まれる病気

・外鼡径ヘルニア
・鼡径ヘルニア
・内鼡径ヘルニア

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
01 ヘルニア手術 119,981 件 4.8日
02 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 - 件 -日
97 その他の手術 - 件 -日
99 手術なし 95 件 3.7日
合計 120,076 件 4.8日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

鼠径ヘルニアの名医

Icon doctors new topic photo 鈴木 完先生
病院
東京大学医学部附属病院
職位
小児外科講師・医局長
専門
小児外科一般、NST
Icon doctors new topic photo 下島 直樹先生
病院
東京都立小児総合医療センター
職位
外科 医長・診療科責任者
専門
小児外科・新生児外科、先天性気管狭窄症、ヒルシュスプルング病、鎖肛・排便障害の治療、小児がん
Icon doctors new topic photo 田中 潔先生
病院
北里大学病院
職位
小児外科 教授
専門
小児外科

受診の知恵コラム