クリンタルTOP治療実績黄斑、後極変性

黄斑、後極変性 020200

黄斑、後極変性の代表例としては、加齢黄斑変性が挙げられます。加齢により網膜の中心部である黄斑に異常が生じ、物が歪んで見えるなどの症状が出ます。治療としては、眼内注射や異常な網膜を取り除く手術を行います。

黄斑、後極変性に含まれる病気

・加齢黄斑変性
・萎縮型加齢黄斑変性
・黄斑萎縮
・黄斑円孔
・軟性ドルーゼン
・フックス斑
・網膜障害
・網膜前膜

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術 27,709 件 7.2日
99 手術なし 6,338 件 2.4日
合計 34,047 件 6.3日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

黄斑、後極変性の名医

Icon doctors new topic photo 飯田 知弘先生
病院
東京女子医科大学病院
職位
眼科教授
専門
黄斑疾患、網膜硝子体疾患
Icon doctors new topic photo 髙橋 寛二先生
病院
関西医科大学附属病院
職位
眼科主任教授・診療部長
専門
黄斑疾患、網膜硝子体疾患、眼腫瘍、白内障
Icon doctors new topic photo 近藤 峰生先生
病院
三重大学医学部附属病院
職位
眼科科長・教授
専門
網膜硝子体疾患の診断と手術(糖尿病網膜症、黄斑疾患)、網膜・黄斑ジストロフィ、神経眼科、ぶどう膜炎、小児眼科

受診の知恵コラム