クリンタルTOP治療実績未熟児網膜症

未熟児網膜症 020190

未熟児網膜症とは、網膜にある微小な血管が異常に成長する病気であり、ほとんどの症例は在胎26週以下で出生した新生児にみられます。未熟児網膜症の新生児は症状がみられないため、眼科医が診察して診断します。軽度の場合は治療せずに治りますが、重症の場合は視力障害を防ぐためのレーザー治療を行うこともあります。

未熟児網膜症に含まれる病気

・未熟児網膜症

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術 33 件 16.0日
99 手術なし - 件 -日
合計 33 件 16.0日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中