クリンタルTOP治療実績運動ニューロン疾患等

運動ニューロン疾患等 010155

運動ニューロン疾患等には、仮性球麻痺や球麻痺などといった疾患があり、筋力低下を主な症状とし、進行がすすむと呼吸不全を引き起こす病気です。危険因子として、加齢、男性、遺伝的感受性が証明されています。検査としては、電気生理学的検査、MRIなどの画像検査、血液検査、脳脊髄液検査、遺伝子検査などがあります。

運動ニューロン疾患等に含まれる病気

・仮性球麻痺
・球麻痺
・筋萎縮性側索硬化症
・脊髄性筋萎縮症

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
合計 6,371 件 14.7日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

運動ニューロン疾患等の名医

Icon doctors new topic photo 中島 孝先生
病院
新潟病院
職位
院長
専門
神経内科学(神経筋疾患、免疫神経、脳卒中の診療、画像診断、遺伝子診断、緩和ケア、Bioinformaticsなどの臨床研究)、神経分子遺伝学、一般内科
Icon doctors new topic photo 難波 玲子先生
病院
神経内科クリニックなんば
職位
院長
専門
Icon doctors new topic photo 梶 龍兒先生
病院
宇多野病院(関西脳神経筋センター)
職位
病院長
専門
臨床神経学、神経生理学、ジストニアの病態生理

受診の知恵コラム