クリンタルTOP治療実績重症筋無力症

重症筋無力症 010130

重症筋無力症とは、末梢神経と筋肉の接ぎ目において筋肉側の受容体が自己抗体により損傷される自己免疫疾患です。全身の筋力低下、易疲労性が出現し、眼瞼下垂、複視などの眼の症状を起こすものもあります。

重症筋無力症に含まれる病気

・眼筋型重症筋無力症
・若年型重症筋無力症
・重症筋無力症
・全身型重症筋無力症

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
97 その他の手術 - 件 -日
99 手術なし 2,238 件 16.0日
合計 2,238 件 16.0日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中

重症筋無力症の名医

Icon doctors new topic photo 本村 政勝先生
病院
長崎大学病院
職位
専門
神経内科学:重症筋無力症、自己免疫性神経疾患
Icon doctors new topic photo 川口 直樹先生
病院
神経内科千葉
職位
医師
専門
パーキンソン病およびその関連疾患、認知症、画像診断
Icon doctors new topic photo 鈴木 重明先生
病院
慶應義塾大学病院
職位
神経内科専任講師
専門
内科・神経内科・神経免疫疾患

受診の知恵コラム