クリンタルTOP治療実績特発性(単)ニューロパチー

特発性(単)ニューロパチー 010120

特発性(単)ニューロパチーには三叉神経障害が含まれます。三叉神経障害は顔の皮膚感覚やものを噛む際に使う咀嚼筋を支配している三叉神経が何らかの原因によって障害された状態です。顔の下半分に刺すような短く激しい痛みが繰り返すことが特徴です。

特発性(単)ニューロパチーに含まれる病気

・三叉神経痛
・顔面神経痛
・三叉神経障害
・三叉神経麻痺
・迷走神経麻痺

治療法の分類と合計の治療実績

DPC分類 治療内容 件数 平均入院日数
01 神経減圧術 479 件 12.8日
97 その他の手術 98 件 10.7日
99 手術なし 524 件 3.8日
合計 1,101 件 8.3日
*DPC対象病院・準備病院・出来高算定病院の合計治療実績(2016年4月〜2017年3月)
DPC分類の2桁のコードについて 手術の種類別に2桁のコードが割り当てられているものについてはそのまま表記していますが、手術の種類別ではなく、手術有無で実績が分けられている疾患については2桁のコードが割り当てられていないため、便宜的に手術なし:s0、手術あり:s1として表示しています。
データ読み込み中