口コミを
投稿する
クリンタルTOP有数の専門医検索TOP長崎県眼科の名医一覧

長崎県の眼科 の名医

全1件
検索条件を開く+
フリーワード
入力場所から
1km

加齢黄斑変性の名医
長崎大学病院
副病院長
専門
黄斑疾患、糖尿病網膜症、網膜硝子体疾患
臨床実績 Icon score on Icon score on Icon score on Icon score on Icon score off
学術活動 Icon score on Icon score on Icon score on Icon score off Icon score off
受診のしやすさ Icon score on Icon score on Icon score on Icon score on Icon score off

620 view 口コミ 0
掲載されている医師は全て有数の名医であることと、各スコアはあくまでも医師詳細データをわかりやすくするための目安であり、1-5に明らかな優劣があるわけではないことをご理解ください。

眼科とは

眼科の医師は近視・遠視、白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などを診ます。近視・遠視矯正治療(眼鏡、コンタクトレンズの処方、レーシック治療)や、点眼薬をはじめとする薬物治療、白内障、緑内障に対する手術を行います。眼科を主な診療科とする医師は全国に約13,000名、日本眼科学会が認定する眼科専門医は約10,000名です。レーシック治療や白内障、緑内障の手術には専用の設備が必要で、眼科医によっても得意分野が異なります。クリンタルは、眼科の専門医から名医を厳選し、疾患・治療ごとに掲載しています。

長崎県の医療

長崎県の医師の数は、この6年間で5%程度増加し、4,000人となっています。病院は160軒、クリニックは1,420軒存在します。人口10万人あたりの医師数は287.8人で、全国8位です。特に、男性医師が人口に対して多く、10万人あたりの男性医師数が509人と日本一多くなっています。医療費は1人あたり35.4万円と全国5位の多さですが、一方で人口1万人あたりの喘息患者数が70人と日本一少ない県となっているほか、自殺者数、うつ病患者数、高齢がん患者数などで軒並み低い数値となっているのが特徴です。